スポンサーリンク

【がん検査】PET検査を受診してきました

治療日記
Pocket

先日、睾丸腫瘍により、高位睾丸摘出手術にて左睾丸を摘出してきました「やまだ」です。

無事摘出は完了したのですが、CT検査で腎臓付近のリンパにあやしげな影が・・・

医師
医師

精巣がんが転移している可能性があります。

やまだ
やまだ

がーん😨

冗談はさておき、転移をしているかどうかを確認するために、PET-CT検査というものがあります。

この度、受診してきましたので、どういった検査なのか、お金や時間がどのくらいかかるのか、をまとめますので、参考にしてください。

高位睾丸摘出手術についてはこちらの記事でまとめています。

CT検査を受診した話は以下になります。

まずは、結論からお話しします。

かかった時間は

全部で145分程度でした。

受付(5分)

着替え(5分)

問診(5分)

注射(5分)

待機(60分)

PET-CT検査(20分)

休憩(30分)

追加検査(場合による)(10分)

お会計(5分)

かかった費用は

29,200円でした。(保険適用あり)

それでは、PET検査について、受診した詳細をまとめます。

スポンサーリンク

1.PET検査とは・・・?

1.PET検査のメリット

PET検査では、一度で全身撮影できます。

苦痛の少ない検査で、薬剤を注入し、CTを撮るだけです。

薬剤の集まり具合で組織の活動や、良性・悪性が識別できます。

2.PET検査の原理

PET検査では「がん細胞は正常の細胞に比べて多くのブドウ糖を取り込む」という性質を利用して、 ブドウ糖にフッ素-18[18F]というごく微量の放射線物質(放射線同位元素)をくっつけた薬剤 (以下、FDG)を体内に注射します。すると、がん細胞は正常な細胞より多くのFDGを取り込みます。 そこから放出される微量の放射線をPETカメラでとらえて、がん細胞の位置や大きさや進行の度合いを調べます。

参考URL:武蔵村山病院/画像診断・PETセンター

https://www.yamatokai.or.jp/musasimurayama/pet/pet_visitor.html
やまだ
やまだ

つまり、がん細胞はよくブドウ糖を食べるから、光るブドウ糖を使って集まる箇所を調べるんだ。

2.PET検査にはどんな準備が必要・・・?

1.準備物

PET検査に必要なものは、多くはありません。

準備物一覧
1.予約票(病院からの紹介状)
2.保険証
3.お金(3万円程度)保険適用なら

やまだ
やまだ

私は、総合病院からの紹介でしたので、自分で予約された場合はすこし違うかもしれませんが、特別用意するようなものは、ありませんよ。

※保険適用については、後述します。

2.食事制限

PET検査は、ブドウ糖の代謝を利用しているため、検査5時間前からの食事を制限しています。

また、糖分のない飲料水は飲んでも大丈夫です。

ブラックコーヒーも禁止ですよ

やまだ
やまだ

そうなんですね。糖分はなさそうなのに・・・

病院によって、違う可能性がありますので、必ず受診する病院のルールを確認しましょう。

3.装飾品

PET検査では、更衣室で院内着に着替えます。

院内着の下は、Tシャツとパンツになります。

無地のTシャツとパンツを着用していくようにしましょう。
柄モノだと、脱ぐ必要があります。

また、時計や入れ歯などの外せる金属類は更衣室で外すようになります。

やまだ
やまだ

なるべく身軽でいったほうがよさそうだね。

3.PET検査の手順とその注意点!!

PET検査の手順は冒頭で説明したように

受付(5分)

着替え(5分)

問診(5分)

注射(5分)

待機(60分)

PET-CT検査(20分)

休憩(30分)

追加検査(場合による)(10分)

お会計(5分)

1つ1つ簡単に解説していきます。

1.受付

まずは受付ですね。

今はコロナが流行しているので、病院に入ってすぐ、検温と手洗いを促されます。

病院からの紹介状と、健康保険証を提出し、問診票に記入します。

「最後に食事をした時間」や、「飲んだもの」等と聞かれます。

ほかには、「喫煙歴」「入院歴」「アレルギーの有無等」の病院でよく聞かれるものでした。

2.着替え

ロッカーを一つ割り当ててもらい、更衣室で着替えをします。

院内着は、「浴衣のような上着」「ダボっとしたズボン」そして「厚手のガウン」でした。

靴や鞄、時計をロッカーにいれて鍵をします。

準備でも記載しましたが、無地のシャツやパンツを着用したほうが、検査がスムーズにいきます。

3.問診

次に医師による問診です。

問診前に看護師さんに血糖値を測られます。

ブドウ糖を使用する検査なので、血糖値が正常である必要があるためです。

元々、糖尿病等で血糖値が高い方は、相談しておきましょう。

計測は本当に簡単で、指先にチクっと針が刺されて、わずかな血で計測してくれました。

やまだ
やまだ

これは注射が苦手でも余裕でした。

イメージとしては、こんな機械でした。(この計測機のほうがかっこいい(笑))

問診内容自体は特別な事項はありませんでした。

やまだの場合は、紹介状でうけているので、自分の状態はよくわかってくれていました。

4.注射

FDGという薬剤を体内に注入します。

CT検査で説明しました造影剤ですね。

しかし、通常のCT検査の「ヨード剤」のように体が熱くなるようなこともなく、本当にただの点滴ような感じでした。

やまだ
やまだ

普通の点滴より少し針は太めだったかな。

注射が苦手なので、目を背けてたら、看護師さんに心配されました(苦笑)

普通の点滴のような感じです。注入時間は3分くらいです。

5.待機

薬剤を注入後は1時間程度待機します。

全身に薬剤がいきわたるのを待つためです。

その間に360mlの小さめのペットボトルの水を飲むように指示されました。

1時間たったら、問診時に渡された内線の電話が鳴り、トイレにいってから、PET-CT検査になります。

6.PET-CT検査

院内着のガウンを脱いで、CTの検査台に仰向けで寝ます。

CTはイメージ通りこんなやつです。

参考URL:武蔵村山病院/画像診断・PETセンター

https://www.yamatokai.or.jp/musasimurayama/pet/pet_visitor.html

体のポジション微調整してもらい、毛布をきつめに巻かれ体が固定されます。

20分程度固定されたままなので、すこししんどかったです。(うでがしびれました)

やまだ
やまだ

若干の腰痛持ちだけど、痛くなるほどの時間でもなかったよ。

腰痛等で仰向けでずっと寝るのがつらい場合は相談しておこう。

検査が一度終わった後、映像を検査技師が確認してくれます。

撮影の具合によっては、追加で撮影することもあります。

ちなみに、やまだは追加で撮影しました。

一度目よりは短め(だいたい10分くらい)でした。

7.休憩

30~40分程度休憩すればPET検査も終了です。

検査後は、かならずトイレで排尿後に受付にいくように促されました。

検査終了後は
・検査終了後2時間は、乳幼児・妊産婦との接触をできるだけ控えましょう。
・使用された薬剤は尿として排出されます。トイレの後はよく手を洗いましょう。

4.PET検査には保険が適用されない・・・!?

健康診断・人間ドックで、行われるPET検査には保険が適用されません。

私のように、がん治療の一環でPET検査を行うときには、保険が適用されることが多いようです。

予算に心配がある方は、医師としっかり相談しておきましょう。

また、私が受診した武蔵村山病院/画像解析・PETセンターでは、

PET検査だけの費用は132,000円となっていました。

もしからしたら、私は病院の紹介だったので少し安くなっていたかもしれません。

5.まとめ

今回は、PET検査についてまとめました。

PET検査自体はがん検診等で利用される/利用された方も多いかもしれませんね。

2時間30分くらいかかりましたが、準備や体力的には負担はありませんでした。

ヨード剤を用いたCT検査は少し体が熱くなったり、不快感がありましたが、今回はそんなこともありませんでした。

ちなみに結果がでるまでは、1週間くらいかかるようです。

1週間後転移の有無がわかるので、とても重要です。

しかし、今更できることはないので、ゆったり待ちたいと思っています。

それでは、また検査結果がでましたら報告します。

また、参考URLにさせていただきました武蔵村山病院ですが、実際にこの度私が受診した病院です。非常に丁寧に検査してくれて、安心して検査をうけることができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました